アトピー治療薬のプロトピック軟膏

プロトピック軟膏(タクロリムス外用薬)は良いのか?

プロトピック軟膏(タクロリムス外用薬)は良いのか?

プロトピック軟膏

プロトピック軟膏(タクロリムス外用薬)は免疫抑制剤の一つで、アレルギー性の炎症に関係しているT細胞という免疫細胞の働きを抑える、免疫抑制作用があります。

炎症を抑える働き自体はステロイドよりも強いと言われていますが、皮膚からの吸収率が低いので、手足や胴体などに塗ってもあまり効き目が現れません。

ステロイドのようなホルモン性の副作用が少ないという利点もあるため、逆に肌が敏感な、顔や首などでは、プロトピック軟膏の方が良いとされ、大人のアトピーに多い、顔が赤く腫れてしまう、いわゆる赤ら顔の治療にはよく使われます。
ただし、ひっかき傷や、皮膚がジュクジュクしている部分には使えません。
乳児や妊娠中・授乳中の女性は、使用出来ません。

プロトピック軟膏は刺激性もあり、塗ったところがヒリヒリするという症状はよく聞きます。
2〜3日続けるとおさまる方もあれば、どうしてもだめという方もいらっしゃいます。

副作用が少ないとは言え、腎臓に障害が出る可能性もあります。
また長時間日光に当たると、吹き出物や感染症になる場合もありますので、そんなときは使用を控えましょう。

プロトピック軟膏も、症状が改善されたからといって、すぐに使用をやめてしまうと、リバウンドしてまた悪化するという傾向があります。
徐々に使用回数を減らしていって、注意深く見守る必要があるのは、ステロイドと変わりません。

ステロイドをやめる際にリバウンドを防ぐために、しばらくプロトピック軟膏を使うという治療を行なっている病院もあります。

使わなくて済むなら、なるべく使わないでおきたいものです。

当サイトでご紹介しているような、肌本来のバリア機能を、早く取り戻されることを望みます。
        

プロトピック軟膏(タクロリムス外用薬)は良いのか?関連ページ

ステロイドは使ってよいの?
ステロイド・インターバル療法とは

ホーム RSS購読 サイトマップ