赤ちゃんのアトピーと保湿剤について

赤ちゃんのアトピーに使える保湿剤

赤ちゃんのアトピーに使える保湿剤

赤ちゃんのアトピーで注意すること

何でも泣く赤ちゃん

まず最初にお伝えしたいことは、赤ちゃんは、自覚症状を言葉で伝えることができませんので、食欲も恐怖も肌の不快さも、全て「泣く」という表現になります。

ですから、アトピーに限らず赤ちゃんの場合は、泣き方や様子を観察することから、適切な対応をしてあげることが大切ですね。
明らかに悪い結果が出てから考えるのでは遅すぎると思うのです。

一つの方法を試してみたら、その反応も観察して、続けて良いかどうかも判断してあげてください。

赤ちゃんのスキンケアのポイントは、「清潔にする」「こまめに保湿する」そして「優しくあつかう」ことだと思います。

赤ちゃんの皮膚は薄くて、アトピーでなくとも、まだ角質層のバリア機能が発達していません。
非常にデリケートで乾燥しやすいのが特徴です。

しかも汗をたくさんかきますし、口の周りは汚れるし、おしっこや便でも汚れます。
ですから、ぬるいシャワーで流したり、刺激が少ないウエットシートで拭くなどして、いつも清潔にすることを心がけなくてはなりません。
そしてきれいにした後は、必ず保湿することが大事なのです。

赤ちゃんのアトピーにお薦めの保湿剤

赤ちゃんの保湿剤で注意しなければならないのは、その子の肌に合った、安全なものであること。
当サイトでは「みんなの肌潤糖」をお薦めしていますが、ぬるま湯で溶かすという作業が必要なので、1日何度もちょこちょこ使うものとしては、クリームかローションを一つ置いておくと便利です。

スヤスヤ寝る赤ちゃん

病院で処方してくれる「ヒルドイドソフト軟膏」「ヒルドイドローション」とか、市販のものでは「パックスベビー ボディークリーム」「DHC薬用ベビーセラミド」「アトピタ ベビーローション」がお薦めです。

洗浄剤で身体を洗うと乾燥しやすいので、洗浄剤を使ったお風呂は1日1回にして、お風呂の後は、「みんなの肌潤糖」を全身たっぷり浸透させてあげるのがお薦めです。

特にガサガサが激しいところや、夜間の乾燥が心配な場合は、表面を油分で覆うタイプの保湿剤を併用してカバーすると良いです。
このタイプの保湿剤としては、「白色ワセリン」の純度が高いもので、「プロペト」か、できれば一番純度の高い「サンホワイト」が良いと思います。純度が高いほど、異物が少なく刺激がありません。
赤ちゃん向け製品では、「パックスベビー オイル」「DHC薬用ナチュラルベビーオイル」がお薦めです。

少々手間がかかるのは仕方ありませんので頑張ってください。

⇒みんなの肌潤糖公式サイト

記事内でご紹介した製品。
⇒パックスベビー ボディークリーム 50g

⇒DHC 薬用ベビーセラミド(弱油性クリーム) 60g

⇒アトピタ ベビーローション 乳液タイプ 120ml

⇒パックスベビー オイル 40ml

⇒DHC 薬用ナチュラルベビーオイル (化粧用油) 60ml

⇒サンホワイトP−1[化粧油] 50g

 

        

ホーム RSS購読 サイトマップ