アトピーの保湿剤と外用薬

アトピーの保湿剤と外用薬の併用方法

アトピーの保湿剤と外用薬の併用方法

ステロイド外用薬と保湿剤の塗り方

保湿剤だけでケアが出来ているときは良いのですが、肌に炎症があって、医師からステロイド外用薬やプロトピック軟膏(タクロリムス外用薬)などの外用薬を処方されたとき、「みんなの肌潤糖」などの保湿剤や保湿薬はどうすれば良いのでしょうか?

そんな疑問を持たれる方も多いと思います。

答えは、併用すれば良いのですが、一つだけ注意が必要です。
保湿剤は肌全体に広げて塗るものですが、炎症のための外用薬は、炎症がある局部だけに塗るべきものです。

もし外用薬を塗った後に、保湿剤を肌全体に広げていくと、外用薬が混ざって、一緒に広がってしまう可能性があります。


プロトピック軟膏は広がっても問題ありませんが、ステロイドは正常な部分に塗らない方が良いです。
ですから、順番としては先に保湿剤を全体に塗って、後からステロイドを炎症のある部分だけに塗るようにしましょう。

ただし、保湿剤が下に来る分、薬の浸透が悪くなりますので、どうしてもステロイドを先に塗りたい場合は、周りに広がらないように注意をしましょう。

プロトピック軟膏は、初めのころ刺激が強くてヒリヒリすることがありますので、慣れるまで保湿剤で浸透が悪くなっている方が、逆に良いかもしれません。

いずれにしても、外用薬は使わずに済むものなら使わないでおきたいものです。

我慢をするのは逆に良くありませんが、注意深く見守って、少しずつでも外用薬を使う量や頻度を減らすように、努力をしましょう。


お薦め記事
みんなの肌潤糖がアトピーに良い3つの理由
        

アトピーの保湿剤と外用薬の併用方法関連ページ

炎症がひどいアトピーの保湿はどうする?
ウェット・ラップ(Wet Wraps)法とは

ホーム RSS購読 サイトマップ