炎症がひどいアトピーの保湿について

炎症がひどいアトピーの保湿はどうする?

ステロイドも必要悪だが早く離脱を!

アトピーの炎症に使うステロイドクリーム

あまりにもアトピーの炎症がひどくて、疼く、痒くてどうしようもない、ジュクジュクしている場合などは、どうすれば良いのでしょうか?

そんなときは、患者さんの気持ちを優先するのが正解だと思います。

当サイトでは、ステロイドはなるべく使わないほうがよいとお伝えしていますが、時と場合によってはやむを得ないこともあると、思っています。

ステロイドは副作用もあり、正常な身体や皮膚に対しては良くないものですが、炎症を抑えることにかけては、最も効果のある薬であることは確かです。

ですから、保湿だとかバリア機能だとか言っている場合ではなくて、とにかく炎症を抑えることを優先する事態であるならば、医師の指示に従って、ステロイド外用薬を使用するケースも有り得るのではないでしょうか。

それは例えば、がん患者の方へ、痛みを抑えるためにモルヒネを打つようなものです。
モルヒネが身体に良いわけがありませんし、ガンの治療にモルヒネが役立つわけでもありません。

しかし、患者さんの痛みを和らげるために、必要と判断される場合は使用するわけです。

アトピーに対するステロイドも、考え方としては同じようなものではないでしょうか。

しかし、アトピーはガンのように死に至るような病ではありませんから、そのままずっと使い続けることになるのが怖いのです。

何年もずっとステロイドと付き合って、セルフコントロールをしながら、なんとか正常な生活を続けていらっしゃるアトピーの患者さんもいらっしゃいますが、決してそれは推奨できる状態ではないと思います。

やむを得ずステロイドを使い出したら、徐々にかるいものへ、そして使う頻度も量も減らして行って、なるべく早く、ステロイドを使わなくても良い状態になるように、努力をしましょう。

そして、肌本来の保湿機能やバリア機能を取り戻すことを願ってやみません。

当サイトでは、バリア機能と保湿のために、特殊加工した砂糖を使った保湿剤をお薦めしています。

よろしければこちらの記事も是非、ご覧になってください。

みんなの肌潤糖がアトピーに良い3つの理由
        

炎症がひどいアトピーの保湿はどうする?関連ページ

アトピーの保湿剤と外用薬の併用方法
ウェット・ラップ(Wet Wraps)法とは

ホーム RSS購読 サイトマップ