アトピーに最適な入浴方法と入浴剤

アトピーに最適な入浴方法と入浴剤

入浴はアトピーに効果がある!

アトピーにとって入浴というのは大変気を使うことだと思います。

しかしもっと積極的に入浴というものを考えてみましょう。

温熱効果で代謝をアップさせる

入浴する赤ちゃん

代謝と聞くと、脂肪燃焼でダイエットが思い浮かぶでしょうか。

皮膚のターンオーバーも代謝ですね。

実は代謝には、体内不純物の排出浄化という役割もあります。

呼吸によって空気中から入った化学物質やダストなど、アレルゲンとなっているものや、食べ物から入った添加物などの化学物質を、体外に出してくれるのです。

入浴すると、温熱効果で良い汗をかくことによって、代謝をアップさせることができます。

毛穴が開いて汚れも取れやすく、清潔にもなりますね。

免疫機能を正常化する

アトピーは、自律神経系と内分泌系のバランスが崩れた、免疫不全の状態で、過剰反応の結果として、皮膚に炎症が現れます。

しかも皮膚のバリア機能も低下しているので、ブロックする機能も低下しています。

入浴には、この免疫機能を正常に戻す働きがあることが分かっています。

特に温泉に含まれるミネラル成分の中には、この働きが高いものがあって、アトピーに効くと言われる温泉には、必ずこういった成分が入っています。

痒みが出て、なかなか入浴できない?

入浴がアトピーに良いのは分かったけど、痒くなるのが怖くてなかなか入れないという気持ちもよく分かります。

アトピーでの痒みは、痒みを感じる神経が、皮膚の表面付近まで伸びてきていることによって敏感になっていることが多く、特に乾燥によるカサカサが大敵です。

ですから入浴後直ちに適切な保湿をすることが重要なのですが、入浴方法を適切にすることでも、痒みを抑えることは可能です。

では、その方法をご説明しましょう。

高温は逆効果、39℃で半身浴を

高温のお湯に浸かると、すぐに汗をかきますが、このすぐにかく汗は体温を下げようとする調整機能による汗です。

このような汗は水分も同時にたくさん奪ってしまいますので、特に入浴後の乾燥につながります。

低温でゆっくり浸かった方が、皮脂を伴った汗をかくので、代謝や保湿のためには良いのです。

長時間の全身浴は負担がかかってのぼせますので、半身浴を上手に利用しましょう。

こういったことから、半身浴は身体に良いと言われるのです。

出来ればお湯の温度は39℃がベストです。

冬場はすぐ冷めるので、温度設定できる追い焚き機能があると良いですが、無ければ温度を計りながら熱いお湯を足しましょう。

注意したい水道水の塩素

日本の水道水は世界トップクラスの水ですが、それでも塩素が含まれていて、アトピーのような敏感肌ですと入浴で問題を起こすことがあります。

出来れば浄水器や塩素除去シャワーヘッドなどを使うのが良いでしょう。

お薦めしたい入浴剤

みんなの肌潤風呂



当サイトでは、温泉成分と保湿効果があり、塩素除去もしてくれる、敏感肌にも最適な入浴剤として、「みんなの肌潤風呂」をお薦めしています。

よろしければ一度、詳しい説明もご覧になってください。

⇒みんなの肌潤風呂公式サイト



        

ホーム RSS購読 サイトマップ