アトピーに良いシャンプー

アトピーに良いシャンプーは?

アトピーに良いシャンプーは?

アトピーとシャンプー

アトピーになると、頭皮に直接触れる、シャンプーにも気を配らなければなりませんね。

では、どんなシャンプーを選べば良いのかということですが、ポイントは2つあると思います。

一つは、洗浄剤(洗浄成分)に注意して選ぶことと、もう一つは、アレルギーがあるかもしれない添加物に注意して選ぶということです。

シャンプーですから、何らかの洗浄成分が入っていないと役に立たないわけですが、大きく分けて3種類です。

@ まず、市販されている低価格なシャンプーの洗浄成分の代表が、高級アルコール系と、石油系合成界面活性剤です。
成分表示にラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸塩、スルホン酸Naといった文字が入っています。
洗浄力が強く多くの人が使っていて、普通は問題は起きませんが、アトピーの人はこの刺激は避けたほうが良いです。

A 次に、石鹸を洗浄成分としているもの。石鹸も界面活性剤の一種です。
動植物の油脂を水酸化カリウムで反応させた脂肪酸カリウムが、液体石鹸になります。
天然由来のものですので、石鹸は安全です。
洗浄力が強く汚れもよく取れます。
ただし、石鹸は弱アルカリ性なので、そのままですとバサバサになってキューティクルが剥がれます。
あまりゴシゴシ洗い過ぎず、石鹸シャンプーの後は必ず、石鹸シャンプー用のリンスかクエン酸水溶液で弱酸性に戻してあげなければなりません。
慣れると石鹸シャンプーが良いという人が結構いらっしゃいますよ。

B 最後は洗浄剤(界面活性剤)にアミノ酸系のものを使用しているアミノ酸系シャンプーです。
石油系の洗浄剤にアミノ酸を少量混ぜているだけのものはアミノ酸系シャンプーとは言えません。(石油系界面活性剤フリーであること)
アミノ酸系シャンプーは低刺激で最も頭皮トラブルが起きにくいシャンプーです。
ただし洗浄力は低いです。
髪に付いた汚れを落とすには十分ですが、皮脂汚れが取れにくいので、ベタツキ感が残ったり、髪が重たい感じになることがあります。
シャンプーする前に髪を濡らすとき、お湯で一度汚れを落とすくらいに、しっかり時間をかけて、シャンプーの際も、頭皮を指の腹で揉み込むように、時間をかけてしっかり洗いましょう。
無添加のアミノ酸系シャンプーなら、肌トラブルを心配する必要はありません。

価格については比較的高くなりますので、お財布には優しくないですね。

シャンプーする女性

ちなみに、ノンシリコンシャンプーというのもよく聞かれると思いますが、シリコンオイルは洗浄剤ではなくてコーティング剤です。
髪を覆ってツヤやサラサラ感を出します。
ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンといった成分ですが、シリコン自体は不純物が入っていなければ無害です。
毛穴に詰まって良くないとか、皮膚呼吸出来ないといったことも言われますが、それも都市伝説と思います。

しかし、汚れを落とすためのシャンプーには邪魔になるもので、本来必要はないですね。
トリートメントに入っているものは、それはそれで納得がいきます。

次に、添加物のお話です。
パラベン(防腐剤)、合成着色料、合成香料、酸化防止剤といったものですが、健常な頭皮の人にはすぐに何か問題が起こることはほとんどありません。
しかしアトピーのような敏感肌なら、何にアレルギー反応を示すか分かりませんので、これらの添加物は避けるべきでしょう。

まとめると、アトピーには無添加のアミノ酸系シャンプーがベスト。
もしくは、無添加の石鹸シャンプー+石鹸シャンプー用リンス(弱酸性)ということになります。

自分に合ったものを探してくださいね。
        

ホーム RSS購読 サイトマップ